Image Alt

Blog

SNSによる比較社会を生き抜く方法

こんな方におすすめ!

・SNSに飽きた
・比較社会に嫌気がさした
・過去や他人に縛られずに生きたい
・好きなことを仕事にして生きていきたい

本記事の内容
1、情報社会に嫌気がさす理由

2、情報社会において他人と自分を比較しないためにはどうしたらいいか?

3、他人と比較しないで生きることは可能なのか?

4、まとめ


 

 

最近ではSNSやインターネットを通してあらゆる情報を簡単に得ることができます。友達の個人的なものから世界情勢の政治的な情報まで幅広く知ることができる時代に我々は生きているのです。そんな時代をどう生き抜いていきましょうか??

 

 

1、情報社会に嫌気がさす理由

 

結論:自分と他人を比較する際、満足できていない自分と向き合わないといけないから。

 

新しい情報に出会うことは少なからず体力を使うものです。特に自分に都合の悪い情報や向き合いたくない情報の消化にはより体力を使います。自分と他人を比べて自分が満たされていないと心で感じているからです。

情報社会に生きる我々は嫌でもあらゆる情報と隣り合わせで生きています。そのためSNSやインターネットという情報を提供する媒体そのものにストレスを感じてくる人も増えているのです。

「情報社会が悪い」、「人と比べることが悪い」と言っているのではないです。情報社会におけるストレスというパワーをもっと有効活用しようという話をしたいんです。

 

 

 

2、情報社会において他人と自分を比較しないためにはどうしたらいいか?

 

結論:落ち込むパワーを自分の挑戦へのパワーに変える。

 

自分と他人を比べてしまう際に自分の現状に満足できない場合、多くの人は落ち込みます。しかし落ち込むことにも体力が必要です。そのため落ち込んだ後何か一歩踏み出そうという体力が残されていないのです。体力とやる気は有限です。使うべきものに費やしましょう。

つまりどうするか。あなたが他人と比べ自分の現状に満足できないとストレスを感じた時、速攻で自分のまだ実現できていない理想を思い浮かべるのです。そのために一歩目として何をしようか考えます。そして実行します。情報にストレスを感じた際に何度も何度もこれを行うのです。

1週間自分の目標に向かって行動してみると、他人なんて気にならないくらい自分の目標に夢中になっているはずです。ここまで来たら他人と比べる際に出てくるパワーを自由にコントロールできるようになっています。

 

 

 

3、他人と比較しないで生きることは可能なのか?

 

結論:不可能です。しかし他人と比較した際に出てくる負のストレスをコントロールすることができます。

 

他人を見た際に、「羨ましい」、「あこがれる」、「まだ自分は良いほうだな」といった嫉妬心や安心感を感じることは普通です。しかし他人は変えられません。幸い自分は変えられます。上記の嫉妬心や安心感といったパワーを自分の行動力にシフトさせましょう。負のストレスを自分の使いたいところへパワーとして注ぎ込むのです。自分の心の状況を客観的に感じ取り、コントロールするのです。

 

 

 

4、まとめ

情報社会は他人と比べやすい環境です。自分の満たされない感情が出てきた時がチャンスです。そのパワーを自己向上へのパワーに即刻切り替えるのです。こんなことはよく言われることでしょうか。その通りです、実際に効果的なことだからよく言われるんです。奇をてらうことは時に逆効果です。

他人は変えられないけど自分は変えられる。つまり、自分が何もしなくても他人は変わるんです、自分が何かしないと自分は変わらないんです。

 

あなたが自分の目標に突っ走れますように。

Post a Comment

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit sed.

Follow us on